養子縁組による相続


遺産相続に関する相談でよく聞かれるのが「養子縁組をした場合、実父や実母からの遺産は相続できるのか?」ということで、これは意外とよくあるケースなのです。
養子縁組と聞くとそんな頻繁にいろいろなところであるものなの?と思われるかもしれませんが、たとえば結婚を機に配偶者側から自分たちの名前を途切れさせないために養子になってほしいと頼まれることはありますし、経済的な事情によって養子に出さざるを得なかったというケースも考えられます。
そこで今回は養子縁組をした場合、実父や実母の遺産を相続できるのかどうかを説明していきますので、覚えておいてほしいと思います。

はじめに養子縁組には2種類あるのをご存じでしょうか?
ひとつは普通養子縁組、もうひとつは特別養子縁組で、これらは同じ養子縁組でも特徴が異なる部分が多いのできちんと覚えておかなければなりません。

まず普通養子縁組の特徴ですが、こちらは養子になることに変わりはありませんが実父や実母との関係が完全に切れるわけではなく、実父と実母の子供であることを維持した状態で養子に行く状態を指しています。
ですから戸籍上は養子・養女と記載されますし、実父・実母のほかに養父・養母がいる状態になりますから父母がそれぞれ二人ずついることになります。
普通養子縁組の場合は離縁することが可能ですし、相続も実親子間・養親子間ともに相続権がありますので、両方の遺産を相続することができます。
つまり養子縁組に行ったとしても実父や実母が亡くなった場合はほかの子供と同じように子供としての相続権を得られます。

次に特別養子縁組ですが、こちらは家庭裁判所で申し立てを行わなければならず、なおかつ実父や実母との関係を完全に断ち切ることになります。
したがって戸籍上も長男・長女といった記載が可能になりますので、普通養子縁組よりも関係性は深くなると言えるかもしれません。
また、特別養子縁組ができるのは養子が6歳になるまでで、それ以降は普通養子縁組しかできません。

特別養子縁組は実父や実母との関係を断ち切っている状態なので、当然相続権は養父・養母の遺産のみに与えられ、断ち切った実父・実母の遺産には相続権が与えられません。

このように同じ養子縁組でも種類によって遺産相続ができる場合とそうでない場合があるのです。
詳しいことを知りたい場合はとりあえず相続問題に詳しい弁護士や司法書士に相談してみるといいでしょう。