養子縁組したときの相続配分は?

相続税の基礎控除の金額は法定相続人の人数に応じて増減しますから、養子縁組をして自分の戸籍上の子供が増えると少し節税になります。
しかしその養子が自分の子供になるということは、その方も相続人の1人になるということです。
このときにどれくらいの相続権があるのか、その相続配分が気になりますよね。

養子とは血のつながりがないため、実子に比べると相続配分が少なめになると思われがちです。
しかし実際には実子と養子で相続配分に差はありません。
つまり養子縁組をすると、その養子は実子と同じだけの財産を相続できるようになるのです。

これはその養子を本当に自分の実子と同じ扱いにしたいときには、ありがたい制度になるでしょう。
養子だからと扱いに差が出ることもなく、平等に遺産分けができます。
もしこれに差があるときは、養子と実子で相続できる量に差がでないように遺言を残す必要もありますよね。
そのようなことをしなくても養子は実子と同じだけ財産を相続できます。
遺産相続時に養子も実子と同じように扱いたい方は安心してください。

この養子の相続配分について気をつけたいのは、主に相続税対策のために養子縁組を考えている方です。
戸籍上の子供を増やすことで相続税の基礎控除の金額を増やし、税金をかかりにくくできます。
主にこれのために養子を取っただけで、その養子が本当に遺産相続することはあまり考えていない方は、この相続配分についてはよくチェックしておきたいですね。

なぜなら養子も実子と同じだけ遺産相続の権利がありますから、養子を取るほど配偶者や実子など他の遺族が受け取れる財産の量も減るためです。
あくまで相続税対策のためだけに養子縁組をし、実際の遺産相続では養子以外の親族にだけ遺産を相続させるといったことはできません。
養子だからと遺産相続の権利を制限したり、相続放棄を強制したりといったことはできないのです。

遺言を残すという方法もありますが、法定相続人に確定した方には遺留分という権利があります。
これは最低限相続できる量のことで、たとえ故人の遺言があったとしても、法定相続人はこの遺留分までの相続ができるようになっています。
正式に養子縁組をした以上はその養子にも実子と同じだけの遺留分が発生するため、養子がまったく遺産を相続できないといったことはありません。
このように養子縁組をしたあとその養子の相続配分は実子と差がないため、養子も実子と同じように遺産相続をすることを前提に考えておいてください。