養子縁組の落とし穴

遺産相続をするときに被相続人の子供の配偶者を養子にして相続人を増やすケースがありますが、これにはいくつかのメリットがあります。
まずひとつめは法定相続人の数を増やすことによって基礎控除額を高くすることができる点で、基礎控除額は(3,000万円+600万円×法定相続人の数)で計算されますから、法定相続人が1人増えることによって600万円も基礎控除額が増えるのです。

遺産相続するときにもっとも頭を悩ませるのが相続税に関することで、これは相続する財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象となります。
平成26年12月31日までは相続税の基礎控除額の計算は(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)だったのが、税制の改正によって平成27年1月1日より(3,000万円+600万円×法定相続人の数)になりました。

およそ4割も引き下がったことにより、相続税の対象となる人は大幅に増えたため、基礎控除額が増えればそれだけ助かるのです。
また税率も10%~50%から10%~55%となっていますから、できるだけ適用税率が低くなるようにするなら法定相続人が増えることはメリットになります。

続きを読む →

養子縁組による相続


遺産相続に関する相談でよく聞かれるのが「養子縁組をした場合、実父や実母からの遺産は相続できるのか?」ということで、これは意外とよくあるケースなのです。
養子縁組と聞くとそんな頻繁にいろいろなところであるものなの?と思われるかもしれませんが、たとえば結婚を機に配偶者側から自分たちの名前を途切れさせないために養子になってほしいと頼まれることはありますし、経済的な事情によって養子に出さざるを得なかったというケースも考えられます。
そこで今回は養子縁組をした場合、実父や実母の遺産を相続できるのかどうかを説明していきますので、覚えておいてほしいと思います。
続きを読む →

養子縁組と相続放棄 【本文】

養子縁組をすると相続税対策になると言われるのは、これをすると相続人の人数が増えるからです。
これは相続放棄をしたときも変わらないため、養子とした相手が実際に財産を受け取るかどうかはともかく、養子縁組をした時点で相続税対策になります。

続きを読む →