養子縁組でできる相続税対策って?

相続01

自分の家族が亡くなった後、葬儀や通夜を済ませたらさっそく遺産相続について相続人同士で話し合わなければなりませんが、ここでひとつ問題になってくるのが相続税です。
相続税はすべての相続人にかかってくる税金ではありませんが、可能性としてはすべての相続人あるものなので、もし自分が対象になっているのであれば被相続人が亡くなってから10カ月以内のところで税務署へ申告しなければなりません。

もし税務署への申告が遅れてしまった場合は追加でペナルティが徴収されますので、万が一期限に間に合わないことが分かったら相続税の延納や物納を検討してみるといいでしょう。
相続税のお知らせは必ず税務署から届くわけではありませんから、それについて知らないと自分は相続税の対象になっていないと勘違いしてそのまま期限を過ぎてしまうケースもありますので、お知らせが来ないからと言って自分が対象外になっていると勝手に判断するのではなく、必ず自分で相続税がかかっているかどうかを確かめてください。

そして相続税対策は被相続人が亡くなってからできることはあまりないので、できるだけ被相続人の生前にやっておくことをおすすめします。
そこで今回紹介したいのは養子縁組を活用した相続税対策で、これは簡単に言えば誰かを被相続人の養子にして相続人の数を増やすことにより基礎控除額を高くするやり方です。

相続税には基礎控除があり、その計算式は3,000万円+(600万円×相続人の数)で求めることができますから、相続人の数が多くなれば当然基礎控除額も高くなりますので、その分相続税の負担を減らすことができます。
たとえばもともとの相続人が3人だったとすると基礎控除額は3,000万円+(600万円×3)ですから4,800万円になりますが、これが5人に増えると3,000万円+(600万円×5)となり6,000万円まで高くなります。

養子縁組の手段としてもっとも多いのは被相続人の子供の配偶者を養子にするやり方で、これは比較的よく行われている方法です。
養子縁組してしまったら実親との関係は切れてしまうのでは?と心配している人もいるかもしれませんが、一般的な養子縁組をした場合は戸籍にも養子であることが記載されますし、実親と実子の関係も残ったままになりますので、その配偶者は養子としての相続権と実子としての相続権を両方持つことになります。

ただし離婚した場合に養子縁組を解消しておかないと相続権だけを持っていかれてしまうので注意してください。

相続税のアパートの特例

相続

相続税の支払いにおいて、アパートなどを相続する方は特例が適用できる場合があります。

本来、アパートなどの不動産というのは、相続税も大きくなってしまうことがあります。

しかし、小規模宅地として利用しているものであり、なおかつ小規模なアパートに関しては特例が適用される場合もあります。
そうなると、税金の支払いの負担などが小さくなるので、その点では魅力も感じられるのではないでしょうか。
もちろん、マンションなど大きなものを被相続人が所有していた場合は、それらの相続の負担も大きくなります。
もちろん、それほど価値があるものなので、相続税も大きくなると言えるでしょう。
ただ、アパートなどの小規模なものに関しては、比較的小さなものも多いです。
そのため、どうしても税金を節約したい場合は、特例を活用するのが良いのです。

ただ、相続に関しては被相続人が所有しているものによって大きく変わってきます。
近年は財産や資産をあまり持っていない方が増えている一方で、かなりの不動産を所有している非相続人もいます。
相続のパターンに関しては、さまざまなケースがあるため、一概には説明が難しいと言えます。
また、アパートの支払いなどが住んでいる場合は良いですが、ローンなどの負債が残っている場合は、逆に負担になることもあります。
そういう点も含めて、相続するかどうかを判断してみてください。
もちろんですが、相続に関しては被相続人の意見よりも相続人の意見を尊重してくれるのが、日本という国です。
事実、本人が「アパートなんて相続したくない」と思えば、相続放棄をすることが可能と言えます。
しかし、逆に相続する場合は、それに準じた相続税を計算し、支払うことが必要となります。

財産評価に関しては国税庁が定めているものを基準に計算しなくてはならないため、そこはしっかりと考えておくことが必要となるでしょう。

なお、日本の税制に関しては、さまざまな特例が適用されます。
それらの特例を活用すれば節税などはもちろん税金対策も進めていくことができるでしょう。
そういう点を重視し、より上手に税金と戦っていくことが必要となります。
なお、税金の特例とは言っても、素人が知っている情報などはほとんどありません。
そのため、特例を活用したい場合などは、まずは税理士などを活用するようにしてください。
それがとても重要となってくるでしょう。
特に優秀な税理士だとかなり頼りになります。

養子縁組したときの相続配分は?

相続税の基礎控除の金額は法定相続人の人数に応じて増減しますから、養子縁組をして自分の戸籍上の子供が増えると少し節税になります。
しかしその養子が自分の子供になるということは、その方も相続人の1人になるということです。
このときにどれくらいの相続権があるのか、その相続配分が気になりますよね。
続きを読む →

養子縁組の落とし穴

遺産相続をするときに被相続人の子供の配偶者を養子にして相続人を増やすケースがありますが、これにはいくつかのメリットがあります。
まずひとつめは法定相続人の数を増やすことによって基礎控除額を高くすることができる点で、基礎控除額は(3,000万円+600万円×法定相続人の数)で計算されますから、法定相続人が1人増えることによって600万円も基礎控除額が増えるのです。

遺産相続するときにもっとも頭を悩ませるのが相続税に関することで、これは相続する財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象となります。
平成26年12月31日までは相続税の基礎控除額の計算は(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)だったのが、税制の改正によって平成27年1月1日より(3,000万円+600万円×法定相続人の数)になりました。

およそ4割も引き下がったことにより、相続税の対象となる人は大幅に増えたため、基礎控除額が増えればそれだけ助かるのです。
また税率も10%~50%から10%~55%となっていますから、できるだけ適用税率が低くなるようにするなら法定相続人が増えることはメリットになります。

続きを読む →

養子縁組による相続


遺産相続に関する相談でよく聞かれるのが「養子縁組をした場合、実父や実母からの遺産は相続できるのか?」ということで、これは意外とよくあるケースなのです。
養子縁組と聞くとそんな頻繁にいろいろなところであるものなの?と思われるかもしれませんが、たとえば結婚を機に配偶者側から自分たちの名前を途切れさせないために養子になってほしいと頼まれることはありますし、経済的な事情によって養子に出さざるを得なかったというケースも考えられます。
そこで今回は養子縁組をした場合、実父や実母の遺産を相続できるのかどうかを説明していきますので、覚えておいてほしいと思います。
続きを読む →

養子縁組と相続放棄 【本文】

養子縁組をすると相続税対策になると言われるのは、これをすると相続人の人数が増えるからです。
これは相続放棄をしたときも変わらないため、養子とした相手が実際に財産を受け取るかどうかはともかく、養子縁組をした時点で相続税対策になります。

続きを読む →