相続税の計算では養子縁組による人数の上限が決まっている

養子縁組により相続人の人数が増えることで、相続税の基礎控除額が増える・生命保険と死亡退職金の非課税枠が増える・相続税の税率が低くなる可能性があるといったメリットがあります。
これは相続税の基礎控除額の算定式が、3000万円+600万円×相続人の数で、法定相続人の人数が増えると基礎控除額が増加し非課税限度額が多くなるためです。
また同様に、死亡保険金や死亡退職金の非課税枠の計算式も、500万円×相続人の数となっているので、相続人を増やすことで相続税対策になるのです。
続きを読む →

養子縁組で孫を相続人にすると相続税は?

養子縁組で相続人の人数を増やすことで、3,000万円+600万円×法定相続人の数という式で計算される基礎控除額を上げることができます。
また生命保険金と死亡退職金の非課税限度額は、500万円×法定相続人の数という計算式で算出されるので、非課税金額も増額することができます。
このように、養子縁組によって法定相続人となる子供の数が増えると、相続税の節税対策につなげることができるわけです。
続きを読む →

養子縁組による節税効果はどの程度なのか?

養子縁組をすると相続税の節税になるのですが、実際どのような節税効果があるのかというと、基礎控除額の増加・超過累進税率の緩和・非課税限度額の増加などがあります。
相続税の基礎控除額は、3,000万円+6000万円×法定相続人の数で計算されるので、養子縁組で法定相続人の数が増えると遺産に係る基礎控除額が増えて相続税額が減少することになります。
続きを読む →