相続と複数の養子縁組

相続前にできる相続税対策として、複数の養子縁組を思いつく方も多いでしょう。
相続税には基礎控除があり、これが大きいほど多くの遺産があっても税金がかかりにくくなります。
この基礎控除の大きさは、法定相続人の数によります。
相続人が多いほど基礎控除も大きくなりますから、それだけ相続税がかからなくなります。
続きを読む →

養子縁組を利用する

財産を多く相続する可能性がある場合、問題になってくるのが相続税についてですが、この点は被相続人になる人も生前から頭を悩ませていると思います。
これまで相続税は富裕層の納める税金というイメージもあったのですが、税制が改正されたことによって私たちの生活により身近な存在になったからです。

その代表的なものが相続税の基礎控除額と相続税率で、これらをそれぞれ変化がありました。
まず基礎控除額は平成26年の12月31日までは5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)で計算することができましたが、平成27年1月1日以降は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)の計算式に変更されています。
続きを読む →

養子縁組で相続を有利に

遺産相続はたくさん財産が残されていると相続税に関する問題が出てくるため、できるだけ納税額を少なくしたいと考える人が多いです。
相続税対策にはいくつかの手段がありますが、養子縁組の制度を利用することによって相続を有利にさせることができるのはご存じでしょうか?

ここでは養子縁組によって相続を有利にさせる方法を紹介したいと思います。
はじめに養子縁組という制度について説明すると本来その親子関係ではない人物を自身の戸籍に迎え入れるものです。

養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組の2種類ありますが、相続を有利にするのは普通養子縁組のほうです。
まず普通養子縁組ですが成立する条件は迎える側と迎えられる側が親子関係になることを了承していれば成立させることができますので、市町村役場に届出を行えば養子縁組成立となります。
続きを読む →

養子縁組について 手続きなど

遺産相続をする権利を持っているのは基本的に被相続人と家族関係にある者で、配偶者がもっとも優先順位が高く、次いで子供、父母祖父母、兄弟姉妹という順番になっています。
遺言書に記載されている内容によっては第三者に相続する可能性もありますが、その場合でも本来相続する権利を持つ人たちは遺留分という形で最低限の保証は受けられるシステムになっています。

それでは養子縁組をした場合、相続権はどのようになるのでしょうか?
一般的な普通養子縁組をするケースとして、たとえば子供がいない家庭が家名の存続を絶やさないために養子を迎え入れることはよくあります。

続きを読む →

養子縁組の相続放棄

遺産相続するにあたって最初にやることは財産調査で財産がどれだけあるのか調べること、そして相続人が誰なのかを明らかにすることです。
これは遺言書が残されている場合は弁護士に開封してもらった後に裁判所の検認が必要な場合はそれを行い、記載内容に沿って進めていきます。

遺言書が残されていない場合は法律に則って進めていくことになりますので戸籍調査によって法定相続人を明らかにします。
法定相続人となる権利を持っているのは被相続人の配偶者、子供、父母祖父母、兄弟姉妹ですが、中には養子縁組して養子になっている子供もいる可能性があります。

続きを読む →

養子縁組の落とし穴

遺産相続をするときに被相続人の子供の配偶者を養子にして相続人を増やすケースがありますが、これにはいくつかのメリットがあります。
まずひとつめは法定相続人の数を増やすことによって基礎控除額を高くすることができる点で、基礎控除額は(3,000万円+600万円×法定相続人の数)で計算されますから、法定相続人が1人増えることによって600万円も基礎控除額が増えるのです。

遺産相続するときにもっとも頭を悩ませるのが相続税に関することで、これは相続する財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象となります。
平成26年12月31日までは相続税の基礎控除額の計算は(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)だったのが、税制の改正によって平成27年1月1日より(3,000万円+600万円×法定相続人の数)になりました。

およそ4割も引き下がったことにより、相続税の対象となる人は大幅に増えたため、基礎控除額が増えればそれだけ助かるのです。
また税率も10%~50%から10%~55%となっていますから、できるだけ適用税率が低くなるようにするなら法定相続人が増えることはメリットになります。

続きを読む →

養子縁組のメリット

よく遺産相続のことを考えて養子縁組をする家庭がありますが、これにはどんなメリットがあるのでしょうか?
ここでは養子縁組とはどんな制度なのか、またそうすることによって発生するメリットとはどんなことなのかを解説していきたいと思います。

まず養子縁組とはどういう制度なのかと言うと、ひと言で言えば本来その親子関係ではない人を迎え入れる制度で、普通養子縁組と特別養子縁組の2種類があります。
普通養子縁組をする条件は基本的に双方が親子関係になることを了承していればOKで、養親の本籍地・養子の本籍地・届出人の所在地の、いずれかの市町村役場に届出を行えば養子縁組成立となります。

続きを読む →

養子縁組による相続

一般的に遺産相続は配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番で相続していきますが、ややこしくなりやすいのは配偶者と子供が絡んでくる部分です。
特に養子縁組を組んでいる場合と離婚が絡んでくる場合は、その時点でどのような遺産相続になるのか把握しておかなければなりません。
続きを読む →

養子縁組の相続分

遺産相続の際にはまず相続人が誰なのかを明らかにしますが、被相続人からの遺言書が残されている場合は裁判所の検認を行った後で内容に沿って進めていき、遺言書が残されていない場合は法定相続によって進めます。
一般的に相続人となるのは被相続人の配偶者、子供、父母祖父母、兄弟姉妹ですが、もし養子がいる場合はどのような形になるのでしょうか?
続きを読む →

養子縁組による相続


遺産相続に関する相談でよく聞かれるのが「養子縁組をした場合、実父や実母からの遺産は相続できるのか?」ということで、これは意外とよくあるケースなのです。
養子縁組と聞くとそんな頻繁にいろいろなところであるものなの?と思われるかもしれませんが、たとえば結婚を機に配偶者側から自分たちの名前を途切れさせないために養子になってほしいと頼まれることはありますし、経済的な事情によって養子に出さざるを得なかったというケースも考えられます。
そこで今回は養子縁組をした場合、実父や実母の遺産を相続できるのかどうかを説明していきますので、覚えておいてほしいと思います。
続きを読む →