養子縁組による相続税に対する効果と手続き

相続税は相続人それぞれが取得した財産を基に計算するのではなくて、相続財産総額から非課税財産・債務・葬式費用などを差引き、さらに基礎控除額を差引いた金額を基に計算されます。
この非課税財産というのは墓地や仏壇などが該当しますし、生命保険や退職金も500万円×法定相続人の数という計算式で求められた金額までは非課税となります。
続きを読む →

養子縁組で相続税の節税対策の準備をするのなら

養子縁組は相続税の節税対策として基本的に有効なので、節税対策の準備として養子縁組を検討している方もいます。
なぜ養子縁組を行うことが相続税の節税対策になるのかというと、民法で定められた相続人が増えるからです。
実は、日本の相続税法は法定相続分課税方式と呼ばれていて、法定相続人の人数が増えれば増えるほど相続税が少なくなる仕組みになっているのです。
ただし養子縁組で相続税対策の準備をするのなら、養子縁組によるメリットとデメリットの両方をしっかりと理解しておく必要があります。
続きを読む →

相続税の計算では養子縁組による人数の上限が決まっている

養子縁組により相続人の人数が増えることで、相続税の基礎控除額が増える・生命保険と死亡退職金の非課税枠が増える・相続税の税率が低くなる可能性があるといったメリットがあります。
これは相続税の基礎控除額の算定式が、3000万円+600万円×相続人の数で、法定相続人の人数が増えると基礎控除額が増加し非課税限度額が多くなるためです。
また同様に、死亡保険金や死亡退職金の非課税枠の計算式も、500万円×相続人の数となっているので、相続人を増やすことで相続税対策になるのです。
続きを読む →

養子縁組で孫を相続人にすると相続税は?

養子縁組で相続人の人数を増やすことで、3,000万円+600万円×法定相続人の数という式で計算される基礎控除額を上げることができます。
また生命保険金と死亡退職金の非課税限度額は、500万円×法定相続人の数という計算式で算出されるので、非課税金額も増額することができます。
このように、養子縁組によって法定相続人となる子供の数が増えると、相続税の節税対策につなげることができるわけです。
続きを読む →

養子縁組による節税効果はどの程度なのか?

養子縁組をすると相続税の節税になるのですが、実際どのような節税効果があるのかというと、基礎控除額の増加・超過累進税率の緩和・非課税限度額の増加などがあります。
相続税の基礎控除額は、3,000万円+6000万円×法定相続人の数で計算されるので、養子縁組で法定相続人の数が増えると遺産に係る基礎控除額が増えて相続税額が減少することになります。
続きを読む →