養子縁組と相続放棄 【本文】

養子縁組をすると相続税対策になると言われるのは、これをすると相続人の人数が増えるからです。
これは相続放棄をしたときも変わらないため、養子とした相手が実際に財産を受け取るかどうかはともかく、養子縁組をした時点で相続税対策になります。

続きを読む →

養子縁組の相続

遺産相続をする場合、養子縁組することによっていろいろなメリットが出てくることはご存じでしょうか?
これを知っている人は息子の嫁にもたくさんの遺産を残してやりたいと考えて、養子縁組するケースがけっこうあるそうです。
そこでここでは養子縁組によって得られるメリットについてお話していきたいと思います。

続きを読む →

代襲相続について

遺産相続をする際に被相続人よりも先に被相続人の子供が亡くなっている場合があります。
この場合、被相続人の孫が代わりに相続する権利が与えられますが、これを代襲相続と言います。
代襲相続は適用されるケースとそうでないケースがありますので、できれば被相続人が亡くなる前の段階で遺産相続はどのようになるのか、代襲相続が適用されるのかをチェックしておくといいでしょう。

続きを読む →

養子縁組による相続税についてはどの専門家に相談する?

養子縁組することで法定相続人を増やすと、相続税の節税効果がああって大きなメリットを得ることができます。
しかし、その反面で相続人同士の間でトラブルが起こる可能性も考えられて、デメリットも意外と多いものです。
例えば、被相続人の実子が1人だけいたケースで、養子縁組を相続税対策して実施すると、本来実子が受け取れるはずの相続財産が減ってしまいます。
このような養子縁組によるトラブルを回避するためにも、被相続人が生前に家族・親族と十分に話し合い皆が納得した上で養子縁組を進める必要があります。
続きを読む →

養子縁組による相続税でトラブルが起こらないための相談は?

養子縁組により法定相続人の数を増やすことで、相続税を減額することが可能になるので節税対策につながります。
具体的な養子縁組による相続税のメリットとしては、相続税の基礎控除額が増える、生命保険の非課税枠が増える、死亡退職金の非課税枠が増えるなどです。
このようなメリットがある反面で、養子縁組によるデメリットといえる問題が生じる可能性も考えられます。
続きを読む →

養子縁組による相続税に対する効果と手続き

相続税は相続人それぞれが取得した財産を基に計算するのではなくて、相続財産総額から非課税財産・債務・葬式費用などを差引き、さらに基礎控除額を差引いた金額を基に計算されます。
この非課税財産というのは墓地や仏壇などが該当しますし、生命保険や退職金も500万円×法定相続人の数という計算式で求められた金額までは非課税となります。
続きを読む →

養子縁組で相続税の節税対策の準備をするのなら

養子縁組は相続税の節税対策として基本的に有効なので、節税対策の準備として養子縁組を検討している方もいます。
なぜ養子縁組を行うことが相続税の節税対策になるのかというと、民法で定められた相続人が増えるからです。
実は、日本の相続税法は法定相続分課税方式と呼ばれていて、法定相続人の人数が増えれば増えるほど相続税が少なくなる仕組みになっているのです。
ただし養子縁組で相続税対策の準備をするのなら、養子縁組によるメリットとデメリットの両方をしっかりと理解しておく必要があります。
続きを読む →

相続税の計算では養子縁組による人数の上限が決まっている

養子縁組により相続人の人数が増えることで、相続税の基礎控除額が増える・生命保険と死亡退職金の非課税枠が増える・相続税の税率が低くなる可能性があるといったメリットがあります。
これは相続税の基礎控除額の算定式が、3000万円+600万円×相続人の数で、法定相続人の人数が増えると基礎控除額が増加し非課税限度額が多くなるためです。
また同様に、死亡保険金や死亡退職金の非課税枠の計算式も、500万円×相続人の数となっているので、相続人を増やすことで相続税対策になるのです。
続きを読む →

養子縁組で孫を相続人にすると相続税は?

養子縁組で相続人の人数を増やすことで、3,000万円+600万円×法定相続人の数という式で計算される基礎控除額を上げることができます。
また生命保険金と死亡退職金の非課税限度額は、500万円×法定相続人の数という計算式で算出されるので、非課税金額も増額することができます。
このように、養子縁組によって法定相続人となる子供の数が増えると、相続税の節税対策につなげることができるわけです。
続きを読む →