養子縁組の落とし穴

遺産相続をするときに被相続人の子供の配偶者を養子にして相続人を増やすケースがありますが、これにはいくつかのメリットがあります。
まずひとつめは法定相続人の数を増やすことによって基礎控除額を高くすることができる点で、基礎控除額は(3,000万円+600万円×法定相続人の数)で計算されますから、法定相続人が1人増えることによって600万円も基礎控除額が増えるのです。

遺産相続するときにもっとも頭を悩ませるのが相続税に関することで、これは相続する財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象となります。
平成26年12月31日までは相続税の基礎控除額の計算は(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)だったのが、税制の改正によって平成27年1月1日より(3,000万円+600万円×法定相続人の数)になりました。

およそ4割も引き下がったことにより、相続税の対象となる人は大幅に増えたため、基礎控除額が増えればそれだけ助かるのです。
また税率も10%~50%から10%~55%となっていますから、できるだけ適用税率が低くなるようにするなら法定相続人が増えることはメリットになります。

続きを読む →

養子縁組のメリット

よく遺産相続のことを考えて養子縁組をする家庭がありますが、これにはどんなメリットがあるのでしょうか?
ここでは養子縁組とはどんな制度なのか、またそうすることによって発生するメリットとはどんなことなのかを解説していきたいと思います。

まず養子縁組とはどういう制度なのかと言うと、ひと言で言えば本来その親子関係ではない人を迎え入れる制度で、普通養子縁組と特別養子縁組の2種類があります。
普通養子縁組をする条件は基本的に双方が親子関係になることを了承していればOKで、養親の本籍地・養子の本籍地・届出人の所在地の、いずれかの市町村役場に届出を行えば養子縁組成立となります。

続きを読む →

養子縁組による相続

一般的に遺産相続は配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番で相続していきますが、ややこしくなりやすいのは配偶者と子供が絡んでくる部分です。
特に養子縁組を組んでいる場合と離婚が絡んでくる場合は、その時点でどのような遺産相続になるのか把握しておかなければなりません。
続きを読む →

養子縁組の相続分

遺産相続の際にはまず相続人が誰なのかを明らかにしますが、被相続人からの遺言書が残されている場合は裁判所の検認を行った後で内容に沿って進めていき、遺言書が残されていない場合は法定相続によって進めます。
一般的に相続人となるのは被相続人の配偶者、子供、父母祖父母、兄弟姉妹ですが、もし養子がいる場合はどのような形になるのでしょうか?
続きを読む →

養子縁組による相続


遺産相続に関する相談でよく聞かれるのが「養子縁組をした場合、実父や実母からの遺産は相続できるのか?」ということで、これは意外とよくあるケースなのです。
養子縁組と聞くとそんな頻繁にいろいろなところであるものなの?と思われるかもしれませんが、たとえば結婚を機に配偶者側から自分たちの名前を途切れさせないために養子になってほしいと頼まれることはありますし、経済的な事情によって養子に出さざるを得なかったというケースも考えられます。
そこで今回は養子縁組をした場合、実父や実母の遺産を相続できるのかどうかを説明していきますので、覚えておいてほしいと思います。
続きを読む →

甥に相続させたい

遺産相続は一般的に被相続人と近しい者から順番に相続することになり、法律的にも優先順位は配偶者がもっとも高く、次いで子供、3番目が父母祖父母、最後に兄弟姉妹という順番になっています。
しかし必ずしも法律で決められた法定相続人に相続させたいという人ばかりではありませんし、本来法定相続人となる人がすでにいない可能性もあります。
そこで今回は甥に相続させたいと考えている人の例を出して、どのように解決するのがもっともおすすめなのかお伝えしていきたいと思います。
続きを読む →

養子縁組の相続

遺産相続の際に残された財産の金額が大きくなればなるほど相続税の負担も大きくなります。
ですから相続税がかかることが想定されるのであれば早い段階で対策を立てておく人が多いのではないでしょうか?

たとえば贈与税の基礎控除を利用して毎年少しずつ贈与を行うというのはよくある方法のひとつだと思います。

続きを読む →

養子縁組について

遺産相続できるのは法定相続人となる人ですが、法定相続人は被相続人の家族に限られ、配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番で優先順位が決まります。

もし家族ではない人を相続人にする場合、被相続人が遺言として残すこともありますが、一番多いのは養子縁組です。

続きを読む →

養子縁組と相続放棄 【本文】

養子縁組をすると相続税対策になると言われるのは、これをすると相続人の人数が増えるからです。
これは相続放棄をしたときも変わらないため、養子とした相手が実際に財産を受け取るかどうかはともかく、養子縁組をした時点で相続税対策になります。

続きを読む →