養子縁組による相続

一般的に遺産相続は配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番で相続していきますが、ややこしくなりやすいのは配偶者と子供が絡んでくる部分です。
特に養子縁組を組んでいる場合と離婚が絡んでくる場合は、その時点でどのような遺産相続になるのか把握しておかなければなりません。

まず養子縁組とは一般的に普通養子縁組と呼ばれる方法を指しており、これは年齢問わず手続きをすることが可能で、養子縁組をした家の相続権も与えられますし実親からの相続権も与えられます。
たとえば被相続人が離婚した場合、配偶者とは戸籍上の関係が切れますが子供との関係は残ったままの状態になります。

ですから被相続人の配偶者に連れ子がいて、結婚するときに養子縁組をしていた場合は離婚の手続きだけしても配偶者との関係のみが切れた状態で、養子縁組をした連れ子との関係は解消されていない状態になります。
そうすると養子縁組をした子供は実子と同じように相続権を与えられますので、離婚した配偶者の子供は相続権を持ったままになるのです。
もし離婚する場合は必ず連れ子との養子縁組を解消する必要がありますし、これを忘れてしまった状態で被相続人が亡くなるとそのまま相続人として確定してしまいます。

次に養子縁組を組んだ家庭で、養子が養親よりも先に亡くなってしまうケースもあると思いますが、この場合どのような流れになるのでしょうか?
一般的な遺産相続だと実子が実親よりも先に亡くなったら、実子の子供が代襲相続人となりますので、実親にとって孫にあたる人物が相続人となります。
これが養子と養親の関係の場合、養子の子供がいつ生まれたのかがポイントになります。
養子の子供が養子縁組をするよりも先に生まれている場合は相続権は与えられませんが、養子縁組をした後に生まれた場合は孫の扱いになるので相続権が与えられます。
ただし養子の子供は自身の実親である養子にあたる人物からの相続は可能です。

そしてもうひとつ考えられるケースとして実の親子同様に生活をしていた場合の相続があげられますが、これは養子縁組をしていない状態だと同居していただけですから、親子関係にはなっていませんので残念ながら相続権は与えられません。
したがって、もし実の親子同様に生活している人物がいて、その人物に自分の財産を相続させたいと思っているなら養子縁組をすることが一番ですし、それにプラス遺言書を残しておくのがおすすめです。