甥に相続させたい

遺産相続は一般的に被相続人と近しい者から順番に相続することになり、法律的にも優先順位は配偶者がもっとも高く、次いで子供、3番目が父母祖父母、最後に兄弟姉妹という順番になっています。
しかし必ずしも法律で決められた法定相続人に相続させたいという人ばかりではありませんし、本来法定相続人となる人がすでにいない可能性もあります。
そこで今回は甥に相続させたいと考えている人の例を出して、どのように解決するのがもっともおすすめなのかお伝えしていきたいと思います。

まずはじめに甥に相続させたいと考えているAさんがいて、この人は普段から甥と同居しており生活するうえでの面倒も見てくれていたりします。
父母祖父母はすでに他界しており、配偶者もいないため子供もいません。
Aさんには兄と妹がいるのですが、兄と妹どちらとも別居状態にあるだけでなく疎遠になっています。
そこでAさんは将来自分の残した遺産を普段から生活のサポートを献身的にやってくれている甥に相続させたいと考えるようになりました。
しかし本来甥は法定相続人の中には含まれておらず、このままAさんが亡くなってしまった場合は疎遠になっている兄と妹が相続権を得ることになります。

こういったケースでまず考えられる選択肢が遺言書を残しておくことで、これは被相続人の意思が反映されますので有効な手段のひとつと言えるでしょう。
遺言書の中には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類ありますが、もっとも確実なのは公正証書として残せる公正証書遺言で、これは裁判所の検認が必要ないだけでなく保管もしてくれるので確実に相続させることができます。

ただ今回は本来の法定相続人となる人物が兄と妹なので遺留分が発生しませんが、これが配偶者や子供、父母祖父母であった場合は遺留分が発生しますので注意しなければなりません。

そういった意味でより現実的かつ有効な手段は養子縁組をして自身の子供にしてしまうことで、これならそれほど面倒な手続きをする必要もありませんしコストも少なくて済むのでおすすめです。
養子縁組をすれば甥は子供になりますから、法定相続人となる権利が与えられます。
したがって自動的に遺産相続させることもできるのです。

より確実にするのであれば養子縁組の手続きを行い、遺言書も作成しておくと甥に財産をすべて相続させることができます。
このように遺産相続は本来の相続人となる人以外にも相続させることができるのです。