養子縁組の相続

遺産相続をする場合、養子縁組することによっていろいろなメリットが出てくることはご存じでしょうか?
これを知っている人は息子の嫁にもたくさんの遺産を残してやりたいと考えて、養子縁組するケースがけっこうあるそうです。
そこでここでは養子縁組によって得られるメリットについてお話していきたいと思います。

まず養子縁組するもっとも大きなメリットは基礎控除額の増加で、その額は1,000万円となっています。
養子は法定相続人に該当しますから、3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で出した基礎控除額に1,000万円を足すことができるのです。
たとえば法定相続人が3人いる場合、基礎控除額は3,000万円+(600万円×3)になりますので、総額4,800万円になります。
4,800万円にプラス1,000万円になるわけなので、総額で5,800万円が基礎控除額になるのです。

そうするとほかの法定相続人よりも相続税の課税対象になる可能性も低くなりますから、相続できる額も当然多くなります。

また死亡保険金、死亡退職金の非課税枠も増加し、養子ひとりにつき500万円の非課税枠がプラスされます。
もともと死亡保険金、死亡退職金には500万円の非課税枠がありますので、養子縁組することによって総額1,000万円が非課税枠となるのです。
ほかにも法定相続人が増えることによって相続税の計算税率の区分が下がって税率が低くなる可能性もあるので、養子縁組は相続に大きなメリットをもたらすことは間違いありません。

ただしデメリットもあって、息子の嫁と養子縁組した場合、息子夫婦が離婚したとしても養子縁組が解消されるわけではありませんから、嫁はそのまま養子としての相続権を持ち続けます。
養子縁組できる数は被相続人に実の子供がいる場合は一人、被相続人に実の子供がいない場合は二人になりますので、息子がいる場合にその嫁を養子縁組していると、仮に息子が再婚したとしても前妻の養子縁組が解消されませんので、そちらにも遺産が相続されます。
しかも養子縁組によるメリットが適用されているので、息子よりも離婚した前妻のほうが多く遺産相続できることになります。

法定相続人の数も増えるわけですから、当然それがきっかけで揉めることも考えられますから息子の嫁を養子縁組する場合は十分に検討したほうがいいでしょう。
養子縁組の制度を利用した詐欺などもありますので、その点にも注意しなければなりません。