代襲相続について

遺産相続をする際に被相続人よりも先に被相続人の子供が亡くなっている場合があります。
この場合、被相続人の孫が代わりに相続する権利が与えられますが、これを代襲相続と言います。
代襲相続は適用されるケースとそうでないケースがありますので、できれば被相続人が亡くなる前の段階で遺産相続はどのようになるのか、代襲相続が適用されるのかをチェックしておくといいでしょう。

それでは代襲相続について説明していきますがまず基本となるのは冒頭でも触れた通り、被相続人の子供が亡くなっている場合は代わりに孫に相続権が渡るという点です。
子供は配偶者に次いで相続の優先順位が高いですから、当然代襲相続の場合でももっとも優先順位が高くなります。

それでは同じ相続権がある場合でも兄弟姉妹の子供、すなわち姪や甥の場合はどうなのでしょうか?
これは姪や甥に関しては兄弟姉妹の代わりに代襲相続をすることが可能ですが、その子供、すなわち姪や甥の子供には代襲相続の権利は与えられません。
また、これは兄弟姉妹に相続権があった場合に限りますので、たとえば被相続人に配偶者と子供がいる場合は優先順位の低い兄弟姉妹に相続権は与えられませんので当然姪や甥に代襲相続の権利は与えられません。

さらに被相続人の父母が先に亡くなっている場合、祖父母に相続権が与えられますが、これは代襲相続には当たらず一般的に相続になります。
そもそも民法上において子供がいない場合は直系尊属が次の順位として相続することが定められているため、必ずしも父母である必要はないのです。
したがって祖父母が代襲して相続しているわけではないので代襲相続にはならないのです。

それでは養子縁組による子供の場合はどうなるのかと言うと、まず遺産相続は養子縁組によって得た子供であってもその権利が与えられるとされているため、その子供にあたる孫にも代襲相続の権利は与えられます。
ただし養子縁組によって得た子供の子が養子縁組をする以前に生まれた場合はその限りではなく、代襲相続の権利は与えられません。
つまり養子縁組による子供が亡くなった場合、代襲相続ができるのは養子縁組をした後で生まれた孫に対してのみということになります。

代襲相続は比較的わかりやすい制度ではありますが、内容を知らない人もけっこう多いと思いますので、専門家に確認しながら進めることをおすすめします。
最近ではインターネット上からも情報収集できますから、遺産相続について一から勉強してみるのもいいかもしれません。