養子縁組による相続税についてはどの専門家に相談する?

養子縁組することで法定相続人を増やすと、相続税の節税効果がああって大きなメリットを得ることができます。
しかし、その反面で相続人同士の間でトラブルが起こる可能性も考えられて、デメリットも意外と多いものです。
例えば、被相続人の実子が1人だけいたケースで、養子縁組を相続税対策して実施すると、本来実子が受け取れるはずの相続財産が減ってしまいます。
このような養子縁組によるトラブルを回避するためにも、被相続人が生前に家族・親族と十分に話し合い皆が納得した上で養子縁組を進める必要があります。

正しい理解をして相続税の対策を進めることは大事なことで、特に養子縁組には明確な節税対策というメリットがあるので、有効に利用することは得策と言えます。
ただ先にも触れたように、安易な考えで対策を進めてしまうと想定外の結果になる場合も少なくありません。
そこで、実際に養子縁組で相続税対策を利用しようと考えているのなら、しっかりと専門家に相談することが大事で、専門家によるアドバイスに基づいて実施すると安心です。
また相続税対策としては、養子縁組以外にも生前贈与・生命保険の活用・不動産の活用・お墓の購入など様々あるので、それらを含めて状況に適した対策を専門家に提案してもらうのもひとつの方法です。

では、どのような場合にどのような専門家に相談すればいいのかというと、相続税対策や相続税申告に関してなら税理士がおすすめです。
具体的な相談内容としては、相続税がかかるのか、またどの程度の税金がかかるかを知りたい、できるだけ養子縁組で節税したいなどがあります。
また、遺産相続争いが発生しないように準備しておきたい、相続税の申告をお願いしたいなども専門家となる税理士に相談すると良いです。

遺産分割・遺留分・相続放棄・相続税・贈与などに関係する相談は、弁護士が専門家と言えるので相談することで解決につながります。
また、遺産分割におけるトラブルが起こらい為の対策や、養子縁組による相続争いを事前に防ぐ法的なアドバイスは、法律の専門家の弁護士に相談すると良いです。