養子縁組による相続税でトラブルが起こらないための相談は?

養子縁組により法定相続人の数を増やすことで、相続税を減額することが可能になるので節税対策につながります。
具体的な養子縁組による相続税のメリットとしては、相続税の基礎控除額が増える、生命保険の非課税枠が増える、死亡退職金の非課税枠が増えるなどです。
このようなメリットがある反面で、養子縁組によるデメリットといえる問題が生じる可能性も考えられます。

具体的にどのような問題が生じる可能性があるのかというと、遺産分割がまとまらない、孫を養子にすることで相続税が20%増す、相続税の計算上養子が認められない可能性があるなどです。
特に遺産分割で最も揉める原因となることは、法定相続人の数が多いことで、養子縁組をすることで相続人である実子たちの間でトラブルが起きては逆効果と言えます。

そのようなことが起こらないためにも、安易な考えで養子縁組をしないことが大切ですし、被相続人が生前の間に相続人である実子など親族で十分に話し合い合意を得てから実行することが重要です。
このようなトラブルに残された相続人を巻き込まないためにも、事前に弁護士に相談することも回避策のひとつです。
また養子が絡む遺産相続におけるトラブルが発生してしまった場合も、話が複雑にならないよう速やかに弁護士に相談すると良いです。

それから先にも触れましたが、養子縁組で相続税の節税対策する際に注意しなくてはいけない点が、税務署側が養子として認めないことがあるということです。
これは税務署側が税金負担を回避する目的として養子縁組をしていると判断して、相続税法上の法定相続人として認めないために発生する問題点です。
実は、将来お墓を管理する人間がいないからなど、養子縁組をする正当な理由があって、その結果として法定相続人が増えるという流れでなくては認められないのです。
このような税務署に対する対処などに関しては、事前に税理士に相談して様々なアドバイスを受けておくと良いです。
いずれにしてもトラブルが発生しない養子縁組であることを心がけることが第一です。